Accredited teacher

2021年後期 KJLTIA認定幼児日本語教師指導者認定試験のご案内

 

2021年後期のKJLTIA認定 幼児日本語教師指導者認定試験のご案内となります。

【指導者認定試験の日程】

2021年11月28日(日)&  29日(月)

【試験スタイル】

  • 筆記: オンラインテスト
  • 実技: Zoomにて直接の実技試験(個別)
  • インタビュー: Zoomにて実技試験(個別)

【受験資格】

指導者認定試験への申込みには、下記2項目を満たすことが条件となります。

  • 上級レベル幼児日本語教師の資格取得済み(Advanced Level Kids Japanese Teacher)
  • 最低100時間以上の子ども(乳児~児童期)への日本語指導経験を終え、KJLTIAから指導者認定試験の受験条件を満たしたという審査通過済み

 

オンラインテストは、11月28日0:00 ~ 29日23:59(日本時間)の間の好きな時間にオンラインシステムにログインしてもらい、テストを受験していただきます。

オンラインテストの時間は、1時間30分です。

実技試験とインタビューは、1時間ほどとなります。

認定試験申込時に11月28日または29日のご自身の都合の良い時間を幾つか選択してもらい、KJLTIAの方で実技試験の日時を調整させて頂きます。

 

指導者認定試験の詳細についてのお問合せは、こちら

KJLTIA主催 指導者認定試験のお申込みは、こちらの申込フォームよりお願いします。

KJLTIA初級レベル幼児日本語教師

2021年10月18日スタート 幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内

幼児日本語教師のレッスン
幼児日本語教師養成コース オンライン基礎コース

【2021年の幼児日本語教師オンライン基礎コースも残すところあと2回!!!】

【10月18日スタート 幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内】

あなたの日本語が価値あるスキルとなる!!

世界で活躍できる幼児日本語教師になって、あなたも世界各国で子ども達に日本語を教えてみませんか?

KJLTIA:幼児日本語教師協会は、世界で初めて子どもに特化した日本語教師である「幼児日本語教師」を専門職として確立した資格認定機関です。

幼児日本語教師は、乳幼児から児童期の子どもに日本語を指導するプロフェッショナルであり、日本語教師とは異なる指導者になります。

幼児日本語教師の指導対象児は、母語、第一言語の発達段階にある時期であり、そこに母国語ではない日本語を継承語、第二言語、外国語という追加言語として指導していくため、言語発達は勿論のこと、バイリンガルやマルチリンガルの専門知識も必要となります。

KJLTIA主催の幼児日本語教師養成コースには、初級レベル幼児日本語教師を目指す「基礎コース」、上級レベル幼児日本語教師を目指す「上級コース」、そして2コース一貫となる「プロフェッショナルコース」の3コースを用意しています。

現在、コロナウイルスの影響により学校が休校になったり、お教室が休校になっている国や地域がありますが、本コースを修了した世界各国の幼児日本語教師たちは、お教室をオンラインの場に移行し、今でも意欲的に活動しています。

資格を取得し、日本語教育機関で指導者として活躍されている方もたくさんいます。

幼児日本語教師の活躍の場は、日本語学校、日本語補習校、日本語幼稚園、インターナショナルスクール、日本語プレイグループ、在日外国人児童への日本語教室、個人のお教室、オンラインレッスンなど、多くのところで子ども達に指導されています。

KJLTIA:幼児日本語教師協会の幼児日本語教師養成コースを修了しても、KJLTIA会員として世界各国の幼児日本語教師とネットワークでつながることができ、情報交換も可能です。

本コースのオンラインスクールは、長年の実績もあり、ほとんどの受講生がオンラインスクールで受講しています。いつ、どこでもインターネットが繋がればコースを受講できるというのがオンラインスクールの良いところ。

また、ディスカッションや課題も一緒にコースを受講している人たちとシェアできるので、コミュニケーションも取りながら進めています。

幼児日本語教師は、あなたの日本語力が活かせる職業です。

是非、あなたも幼児日本語教師になって、一緒に子ども達に日本語を教えてみませんか?

コースの詳細、受講料のお問合せはこちらから。

2021年10月 幼児日本語教師養成コース オンライン上級コース

 

 

【2021年最後の幼児日本語教師オンライン上級コースのご案内】

このコースは、年内に終了できるコースとなるため、2022年から『上級レベル幼児日本語教師』として活動して頂けます!!

2021年最後の上級コースは、10月4日(月)スタートです。

オンライン上級コースは、12週間です。

上級コースの受講資格は、基礎コースを修了している方になります。

 

上級コースは、幼児日本語教師として本格的に指導者として活動する方には、是非とも取得してほしいコースです。

バイリンガルやマルチリンガルに育つ子どもの成長過程で起こり得る事例についても、しっかり考えていきます。

 

上級コースは、基礎コースの倍以上の内容量。

そして、難易度はぐーんと上がりますが、専門的な知識だけでなく、リサーチ課題やこちらの設定を当てはめてオリジナルの指導計画を立案してもらったり、事例について考えたり、色んな課題に取り組みます。

 

指導者として活動する方だけでなく、複言語環境で子育てをしている親御さんにとっても、本コースを学んでおくことでお子様の成長の過程で悩むかも知れない言語の問題に対しても、余裕を持ってしっかり考え、対応できるようになることでしょう。

 

既に、残席が少なくなっていますので、お申し込みはお早めに!

 

KJLTIAのコースは、世界各国から受講生が集まります。

幼児日本語教師養成コースを受講してくれた方々の居住国は、なんと世界27カ国!!(2021年時点)

 

また、幼児日本語教師養成コース修了後は、KJLTIAコミュニティ内で世界中の幼児日本語教師と情報交換も可能!

2021年、あなたも幼児日本語教師養成コースを受講して、私たちと一緒に子ども達に楽しく、日本語を教えてみませんか?

 

認定資格コースにつきましては、こちらをご覧ください。

また、コースの詳細につきましては、こちらからお問合せください。

発達段階に合わせた指導

9月の幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内

【9月の幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内】

 

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか?

オーストラリアは、シドニーのあるニューサウスウェールズ州でコロナの感染拡大が止まらない状況です。

他の州でも一部の地域でロックダウンの厳しい規制がありますが、こちら西オーストラリアのパースは、マスク無しの日常生活を送ることができています。

私は、週末、コロナワクチンの2回目の接種を終えてきました。

接種後の腕の痛みは、1回目に比べれば軽かったのですが、翌日から体のだるさ、寒気、軽い頭痛がありました。

副反応かな、それとも天気が良かったので花粉症でも出たのかなっていう程度でしたよ。

 

さて、KJLTIA:Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)認定の幼児日本語教師養成コースの9月オンラインスクールのご案内です。

 

【基礎コース(Introductory Course)】

KJLTIA認定初級レベル幼児日本語教師

開始日:9月20日(月)からの6週間コース

こちらは、幼児日本語教育の入門コースとなります。

幼児日本語教師を目指す方だけでなく、これから出産を控えている方や現在、海外で子育てに奮闘している方にもおススメのコースとなります。

 

<プロフェッショナルコースでも受講可能!>

基礎コースと上級コースのパッケージコースであるプロフェッショナルコースは、幼児日本語教師として子ども達に日本語を教えたいという方にピッタリのコースです。

指導者になりたい!!っていう方は、このプロフェッショナルコースで幼児日本語教育を総合的に学ぶことができます。

 

『幼児日本語教師養成コースってどんなコース?』という方は、こちらをご覧ください。

また、幼児日本語教師養成コースのコース内容、受講料を知りたいという方は、こちらからお問合せください。

 

あなたも幼児日本語教師になって、子どもに日本語を教えてみませんか?

日本国内の外国人の子ども達に日本語を教えたり、海外で日本にルーツのある子ども達に日本語を教えたり、海外で日本に興味を持って日本語を学んでいる子ども達に教えたり、あなたの活躍できる場は、色んなところにありますよ。

 

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Facebook

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Instagram

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Youtube

<KJLTIAのYoutubeチャンネル>

あいうえおのうた

ようびのうた

1カ月の数え歌

このどうぶつだ~れ?Pre-A1

このどうぶつだ~れ?A1

にほんごクイズ Pre-A1

にほんごクイズ #2 Pre-A1

にほんごクイズ A1

KJLTIA(幼児日本語教師協会)

8月の幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内

【8月の幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内】

 

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか?

オーストラリアは、シドニー、メルボルンにおいては、コロナ感染拡大によりロックダウンが延長されております。

こちら西オーストラリアのパースは、今月初めに4日間のロックダウンがありましたが、毎度のことながら感染拡大には至らず奇跡が続いているため、ロックダウンも予定通り解除され、今ではマスクの規制も無くなりました。

 

さて、KJLTIA:Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)認定の幼児日本語教師養成コースの8月オンラインスクールのご案内です。

7月12日から7月コースが始まったばかりですが、8月にもオンラインスクールの開催を予定しております。

 

【基礎コース(Introductory Course)】

KJLTIA認定初級レベル幼児日本語教師

開始日:8月9日(月)からの6週間コース

こちらは、幼児日本語教育の入門コースとなります。

幼児日本語教師を目指す方だけでなく、これから出産を控えている方や現在、海外で子育てに奮闘している方にもおススメのコースとなります。

 

<プロフェッショナルコースでも受講可能!>

基礎コースと上級コースのパッケージコースであるプロフェッショナルコースは、幼児日本語教師として子ども達に日本語を教えたいという方にピッタリのコースです。

指導者になりたい!!っていう方は、このプロフェッショナルコースで幼児日本語教育を総合的に学ぶことができます。

 

『幼児日本語教師養成コースってどういうの?』という方は、こちらをご覧ください。

また、幼児日本語教師養成コースのコース内容、受講料を知りたいという方は、こちらからお問合せください。

 

あなたも幼児日本語教師になって、子どもに日本語を教えてみませんか?

日本国内の外国人の子ども達に日本語を教えたり、海外で日本にルーツのある子ども達に日本語を教えたり、海外で日本に興味を持って日本語を学んでいる子ども達に教えたり、あなたの活躍できる場は、色んなところにありますよ。

 

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Facebook

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Instagram

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Youtube

<KJLTIAのYoutubeチャンネル>

あいうえおのうた

ようびのうた

1カ月の数え歌

このどうぶつだ~れ?Pre-A1

このどうぶつだ~れ?A1

にほんごクイズ Pre-A1

にほんごクイズ #2 Pre-A1

にほんごクイズ A1

幼児日本語教師のレッスン

7月12日スタートの幼児日本語教師オンライン基礎コース

海外で育つ日本にルーツのある子どもや、日本で外国にルーツのある子どもに日本語を教えてみませんか?

KJLTIA : Kids Japanese Language Teachers International Association の幼児日本語教師養成コースは、母語の発達段階の子ども達に追加言語となる日本語を指導していきます。これは闇雲に日本語を教えれば良いということではなく、専門的知識が必要となります。 言語発達、バイリンガル・マルチリンガル、子どもの運動知覚発達、そして幼児日本語教育など、幼児日本語教師に必要な専門的な知識とスキルが学べるコースです。

日本国内、そして世界各国に言語的、文化的、認知的に多様な子ども達が日本語を学んでいます。その子ども達に適切な時期に適切なアプローチができるのが、幼児日本語教師。

KJLTIAの幼児日本語教師養成コースの修了生たちは、世界27カ国で活躍中。

海外でご自身のお子様に日本語を継承させたいと頑張っている親御さん、日本語補習授業校や日本語教室、日系幼稚園、現地の幼児教育施設で指導者として活動されている先生方、日本国内で外国人児童の日本語支援に携わっている先生方、本コースはこのように多くの方々に受講頂いております。

そして、どの方も新しい知識とスキルを得て、パワーアップして活躍されています。

最近は、海外で日本語学校の経営者の方が幼稚部の設立のために幼児日本語教師養成コースを受講しています。

また、世界各国で多くのKJLTIAの幼児日本語教師養成コース修了生が幼児日本語教師として活躍されています。

「新しくお教室を立ち上げることになった」と報告が入ったり、継承語教育のセミナーで講師として登壇したり、日本語補習校の講師に決まったり、さまざまな活躍が報告されていますよ。

幼児日本語教師として、日本語補習校でのお仕事が決まったとの報告がきました! – 幼児日本語教師協会 (youji-nihongo.com.au)

オランダで活躍するプロフェッショナル認定幼児日本語教師のご紹介! – 幼児日本語教師協会 (youji-nihongo.com.au)

2021年、あなたも幼児日本語教師として私たちと一緒に楽しく日本語を子ども達に教えてみませんか?

2021年7月12日(月)スタートのコースは、基礎コースまたはプロフェッショナルコースでお申し込みが可能です。

最近の傾向では、プロフェッショナルコースでお申し込みされる受講生が多くなっています。

ご興味ある方は、是非、この機会をお見逃しなく!!

コースの詳細、受講料のお問合せはこちら

幼児日本語教師養成コース修了後も仲間と一緒にスキルアップできる!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

【幼児日本語教師養成コース修了後も仲間と一緒にスキルアップできる!】

こんにちは。こちらパースは、昨日は時々、横殴りの豪雨、今日もどんよりした空でいつ雨が降り出してもおかしくない、典型的な冬の天気となっています。

土曜日から無事にロックダウンも解除され、外出時のマスク着用、人数制限はもう少し続きますが、一先ず安心です。

さて、来週の7月11日(日)には、KJLTIA(幼児日本語教師協会)の会員限定イベントということで【幼児日本語教育アイディア発表会】を開催します。

5月にも開催したので、今回が2回目になります。企画した時には、指導者認定試験の受験に必要な『100時間の指導経験』の指導経験を稼ぐために参加される方が多いかなと予測していたのですが、指導者認定試験に合格し、プロフェッショナル認定幼児日本語教師の方々も何人も参加してくれました。

経験豊富な幼児日本語教師がイベントに参加してもらえることは、本当に有難いことで、経験の浅い先生たちは先輩たちの指導を観ながら学んでいくことができます。

また、プロ認定された幼児日本語教師も初心に戻ることは必要で、慣れているからこそ、指導計画も教材も時間をかけずに準備することが出来てしまう能力を得ていると思います。しかし、新しい先生のアクティビティを観ると、こんなアイディアもあるのか、こんな教材の使い方もあるのかって新しい発見があるものです。

KJLTIAでは、コース修了しても世界各国にいるKJLTIA会員の人たちと繋がれるネットワークを作り、コミュニティ内でさまざまな情報交換ができるようにしています。

一昔前までは、対面で直接会うことで繋がりができていくコミュニティが多かったと思いますが、今はインターネットを使いながら地球の反対側にいる人とコミュニケーションが取れたり、同じイベントに参加することができる世の中になっています。

来週開催される『幼児日本語教育アイディア発表会』では、幼児日本語教育の基本となるアプローチ法を使ったアクティビティを披露し合います。

ヨーロッパ、北米、アジア、オセアニアと世界各国から参加してくれるので、今回も楽しみです。

7月12日スタートの幼児日本語教師養成コースも受講申込を受付中です。

お問合せは、こちらをクリックしてくださいね。お問い合わせ – 幼児日本語教師協会 (youji-nihongo.com.au)

http://youji-nihongo.com.au/course/
Accredited teacher

幼児日本語教師として、日本語補習校でのお仕事が決まったとの報告がきました!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

こんにちは。本日、幼児日本語教師としての仕事が決まったとの嬉しい報告が届きました!

4月の指導者認定試験で合格しプロ認定を受けた『プロフェッショナルレベル認定幼児日本語教師』の方が、早速、日本語補習校で幼児日本語教師としてのお仕事が決まりました。

「数カ月後に新設されるクラスを任せたい」と校長先生からオファーされたそうです。凄いですね!!

新しいクラスを設立するということなので、大変なこともあるかと思いますが、やりがいもあるでしょう。校長先生からクラスの運営についても色々と任せてもらえるようで、早速、年間カリキュラムの作成に取り掛かっているそうです。

プロ認定幼児日本語教師の方々は、日本語補習校で講師をされている方も多数いらっしゃいます。また、個人でお教室を運営されている方も多数いらっしゃいます。

プロ認定の幼児日本語教師の方々は、指導者認定を受けるために最低100時間の指導経験を終えていることが条件となるため、教育機関から採用されやすいですね。採用する側もKJLTIAの認定証を見れば、指導経験があることがわかりますからね。

多くの子ども達への指導経験を積むことで、指導者としての視野が広がり、アイディアの幅も広がっていきます。はじめは、なかなかレッスンアイディアが浮かばず指導案を考えることに苦労する先生もいるかと思いますが、経験を積んでくると応用力が身に付いてきます。この応用力というのが多様な子ども達を相手にする幼児日本語教師には大切です。

ただ今進行中の幼児日本語教師養成コースでは、基礎コースと上級コースの2コースが並行して進んでいます。

プロフェッショナルコースで受講している方は、基礎コースを終えたら、上級コースへ進んでいきますが、基礎コースの時の実技と上級コースの時の実技の内容を比較すると、短期間で上達している方が多いですよ。

基礎コースの実技試験と上級コースの実技試験では、もちろん審査するポイントも異なるのですが、やはり上級コースになると基礎コースの時に学んだことを改善させて実技試験に挑むこともあり、大きな成長が見られます。

先日修了した上級コースでも、基礎コースの実技の時から飛躍的に上達された方がいて驚きました。基礎コースの時は、自信がなく、笑顔も少なかった方が、上級コースでは、別人なのかなって思ってしまうほど、自信に満ち溢れ、教材作りも楽しんで行っていたことが伝わってくるレッスンアクティビティを披露してくれて、受講生の成長を見るのも嬉しいですね~。

そして、コース修了後、お仕事が決まったこと、新しい取り組みをしている報告を頂くと、世界各国で幼児日本語教師としてKJLTIAの幼児日本語教師養成コースを終えた方々が活躍してくれていることに感謝し、みなさんの活躍を多くの方に知ってもらえるようにしていきたいなと思っています。

幼児日本語教師養成コースの詳細、プロフェッショナルレベル認定幼児日本語教師になるための流れは、こちらから。

あなたも幼児日本語教師になって、子ども達に日本語を楽しく教えてみませんか??

お問合せは、こちらから。