幼児日本語教師養成コース修了後も仲間と一緒にスキルアップできる!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

【幼児日本語教師養成コース修了後も仲間と一緒にスキルアップできる!】

こんにちは。こちらパースは、昨日は時々、横殴りの豪雨、今日もどんよりした空でいつ雨が降り出してもおかしくない、典型的な冬の天気となっています。

土曜日から無事にロックダウンも解除され、外出時のマスク着用、人数制限はもう少し続きますが、一先ず安心です。

さて、来週の7月11日(日)には、KJLTIA(幼児日本語教師協会)の会員限定イベントということで【幼児日本語教育アイディア発表会】を開催します。

5月にも開催したので、今回が2回目になります。企画した時には、指導者認定試験の受験に必要な『100時間の指導経験』の指導経験を稼ぐために参加される方が多いかなと予測していたのですが、指導者認定試験に合格し、プロフェッショナル認定幼児日本語教師の方々も何人も参加してくれました。

経験豊富な幼児日本語教師がイベントに参加してもらえることは、本当に有難いことで、経験の浅い先生たちは先輩たちの指導を観ながら学んでいくことができます。

また、プロ認定された幼児日本語教師も初心に戻ることは必要で、慣れているからこそ、指導計画も教材も時間をかけずに準備することが出来てしまう能力を得ていると思います。しかし、新しい先生のアクティビティを観ると、こんなアイディアもあるのか、こんな教材の使い方もあるのかって新しい発見があるものです。

KJLTIAでは、コース修了しても世界各国にいるKJLTIA会員の人たちと繋がれるネットワークを作り、コミュニティ内でさまざまな情報交換ができるようにしています。

一昔前までは、対面で直接会うことで繋がりができていくコミュニティが多かったと思いますが、今はインターネットを使いながら地球の反対側にいる人とコミュニケーションが取れたり、同じイベントに参加することができる世の中になっています。

来週開催される『幼児日本語教育アイディア発表会』では、幼児日本語教育の基本となるアプローチ法を使ったアクティビティを披露し合います。

ヨーロッパ、北米、アジア、オセアニアと世界各国から参加してくれるので、今回も楽しみです。

7月12日スタートの幼児日本語教師養成コースも受講申込を受付中です。

お問合せは、こちらをクリックしてくださいね。お問い合わせ – 幼児日本語教師協会 (youji-nihongo.com.au)

http://youji-nihongo.com.au/course/
Accredited teacher

幼児日本語教師として、日本語補習校でのお仕事が決まったとの報告がきました!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

こんにちは。本日、幼児日本語教師としての仕事が決まったとの嬉しい報告が届きました!

4月の指導者認定試験で合格しプロ認定を受けた『プロフェッショナルレベル認定幼児日本語教師』の方が、早速、日本語補習校で幼児日本語教師としてのお仕事が決まりました。

「数カ月後に新設されるクラスを任せたい」と校長先生からオファーされたそうです。凄いですね!!

新しいクラスを設立するということなので、大変なこともあるかと思いますが、やりがいもあるでしょう。校長先生からクラスの運営についても色々と任せてもらえるようで、早速、年間カリキュラムの作成に取り掛かっているそうです。

プロ認定幼児日本語教師の方々は、日本語補習校で講師をされている方も多数いらっしゃいます。また、個人でお教室を運営されている方も多数いらっしゃいます。

プロ認定の幼児日本語教師の方々は、指導者認定を受けるために最低100時間の指導経験を終えていることが条件となるため、教育機関から採用されやすいですね。採用する側もKJLTIAの認定証を見れば、指導経験があることがわかりますからね。

多くの子ども達への指導経験を積むことで、指導者としての視野が広がり、アイディアの幅も広がっていきます。はじめは、なかなかレッスンアイディアが浮かばず指導案を考えることに苦労する先生もいるかと思いますが、経験を積んでくると応用力が身に付いてきます。この応用力というのが多様な子ども達を相手にする幼児日本語教師には大切です。

ただ今進行中の幼児日本語教師養成コースでは、基礎コースと上級コースの2コースが並行して進んでいます。

プロフェッショナルコースで受講している方は、基礎コースを終えたら、上級コースへ進んでいきますが、基礎コースの時の実技と上級コースの時の実技の内容を比較すると、短期間で上達している方が多いですよ。

基礎コースの実技試験と上級コースの実技試験では、もちろん審査するポイントも異なるのですが、やはり上級コースになると基礎コースの時に学んだことを改善させて実技試験に挑むこともあり、大きな成長が見られます。

先日修了した上級コースでも、基礎コースの実技の時から飛躍的に上達された方がいて驚きました。基礎コースの時は、自信がなく、笑顔も少なかった方が、上級コースでは、別人なのかなって思ってしまうほど、自信に満ち溢れ、教材作りも楽しんで行っていたことが伝わってくるレッスンアクティビティを披露してくれて、受講生の成長を見るのも嬉しいですね~。

そして、コース修了後、お仕事が決まったこと、新しい取り組みをしている報告を頂くと、世界各国で幼児日本語教師としてKJLTIAの幼児日本語教師養成コースを終えた方々が活躍してくれていることに感謝し、みなさんの活躍を多くの方に知ってもらえるようにしていきたいなと思っています。

幼児日本語教師養成コースの詳細、プロフェッショナルレベル認定幼児日本語教師になるための流れは、こちらから。

あなたも幼児日本語教師になって、子ども達に日本語を楽しく教えてみませんか??

お問合せは、こちらから。

1カ月の数え歌

幼児・児童向け日本語教材『1カ月の数え歌』を作りました!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

こんにちは。

カレンダーの日付の読み方は、日本在住の小学低学年でも怪しい子って、実はたくさんいますよね。

8日を「ようか」と読めない。9日を「ここのか」と読めない。20日を「はつか」と読めないなど、見た目からして予想が難しい読み方の日付は、子どもにとって覚えることが難しいはず。

掛け算九九もそうですが、リズムや歌にあわせて歌ってみると子どもってあっさり覚えられたりするので、KJLTIAオリジナルの『1カ月の数え歌』を作ってみました。

みなさまにとってお馴染の『ちょうちょ』の曲に1カ月の日付をそのまま当てはめたという、本当に簡単なお歌です。

カレンダーを指差しながら、レッスンの始めのウォーミングアップとして、『ようびの歌』と一緒に歌い、定着させていくと良いですね。

幼児日本語教師の皆さんや、家庭で日本語を子どもに教えている親御さん達が、新しいお歌をゼロから覚えるって、ちょっと大変だったりしますよね。

上記でご紹介している2曲は、先生たちも親御さん達も幼少期に歌っていた童謡だと思います。知らない曲のリズムを最初から覚えなくても、『ちょうちょ』や『きらきらぼし』なら知ってる曲だと思うので、そこに歌詞を当てはめて歌えると思いますから、是非、使ってみてください!

てらこや@ロッテルダム

オランダで活躍するプロフェッショナル認定幼児日本語教師のご紹介!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

KJLTIAの幼児日本語教師養成コースを修了した人たちが、どんな活躍をされているのか、気になっている方も多いと思います。

今回は、オランダで活躍しているプロフェッショナル認定幼児日本語教師をご紹介いたします。

『プロフェッショナル認定幼児日本語教師』は、KJLTIAの幼児日本語教師養成コースの基礎コースと上級コースを修了し、さらに最低100時間の幼児日本語指導経験を終え、KJLTIA主催の幼児日本語教師指導者認定試験に合格した方になります。

この『プロフェッショナル認定幼児日本語教師』の資格レベルは、KJLTIAの幼児日本語教師の中で【最高レベルの指導者】となります。

KJLTIAの幼児日本語教師養成コースを修了した人たちがいる国々は、2021年5月現在でアジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米、南米、28カ国になりました。

今回、オランダでお教室『てらこやロッテルダム』を運営している中島祐子先生をご紹介したいと思います。

てらこや@RotterdamのInstagramより

『てらこや@ロッテルダム』のお教室は、子ども一人ひとりに合わせたレッスンを心掛けた場所になっています。お教室、授業というと、ついつい『一斉授業』、『みんな一緒』というのを想像しがちですが、こちらのお教室では、『子ども一人ひとりに合わせたレッスン』を提供されています。


幼児日本語教師が指導する子ども達というのは、日本にルーツがあるという点では同じかも知れませんが、日本語の位置付けが異なるかも知れませんし、家庭環境も異なるかも知れません。家庭環境が違えば言語環境だって異なることでしょう。また、年齢や日本語の学習をスタートした時期も違えばレベルも異なります。もちろん、グループレッスンのメリットも子どもの教育ではたくさんあるので「みんな一緒」という教育スタイルが上手くいくときもありますが、異なるバックグランドを持つ子ども達が多い幼児日本語教育では、個々に合わせたカリキュラム、アプローチが必要になる場合もあります。


幼児日本語教師のお教室にも色々ありますが『てらこや@ロッテルダム』では、子ども一人ひとりに注目してレッスン提供をしていくという点では、他のお教室と違ったコンセプトになっているのではないかと思います。

中島祐子先生 てらこや@RotterdamのInstagramより

【中島祐子先生にインタビューしてみました】

Q. 中島祐子先生の考える幼児日本語レッスンとは??

中島先生:「みんなちがって、みんな良し!日本語習得は、家族プロジェクト♪」

KJLTIA:本当にその通りですね。日本人の両親を持つ家庭の子もいれば、両親が国際結婚で家庭内に2言語、3言語ある子もいます。中島祐子先生が仰る通り、“みんなちがって、みんな良し!”ですね。“日本語習得は家族プロジェクト”、うわぁ~素晴らしい名言が出ましたー!!大人が新しい言語を学ぶ時は、学習者本人が時間とお金を投資して目標に向かっていけるかと思いますが、乳児、幼児、児童期の子ども達の場合は、どうしても大人の導きが必要になります。特に継承語教育の場合は、親御さんと子どもが二人三脚、三人四脚で進め
ていくものです。そういう意味で日本語継承語教育でいえば子どもに日本語を習得させていこうとするならば、中島祐子先生が仰る通り、家族みんなのプロジェクトとして取り組んでいくことが大切と言えるのではないでしょうか。子どもだけに日本語の勉強を頑張ってもらうのではなく、「家族みんなでプロジェクトを成功させようよ」っていう中島祐子先生の声掛けは、親御さんにとってとても心強く、一緒に寄り添ってくれる先生だと安心できるでしょうね。

Q.  お教室『てらこや@ロッテルダム』のアピールポイントは?

中島先生:それぞれ個別に合ったカリキュラムで日本語を楽しく学びます。さまざまな試みから、個人の自主性をひきだしていけるよう目指します。

KJLTIA: 日本語を学ぶ子ども達というのは、みんな一緒ではありません。多様化している子ども達に1つのカリキュラムで同じアプローチをするということは難しいですね。お教室に来るそれぞれの生徒に合ったカリキュラムで日本語を無理なく楽しみながら学ぶ工夫をされているというのが『てらこや@ロッテルダム』の魅力なのでしょう。
子どもの学びというのは、受け身だけの学習よりも能動的に自分から学びたいという自主性を引き出していけるようなアプローチというのが必要になるので、中島祐子先生はそういうところもしっかりおさえて取り組んでいることが素晴らしいですね。

Q. その他、お子様の日本語教育に奮闘する親御さんに伝えたいことはありますか?

中島先生:「おうちで、取り組むのは誰だって難しい。一緒に、たのしく日本語の勉強をやってみませんか?」

KJLTIA: お子様にとって最初の先生というのは、ご両親である親御さんになると思います。ご自身の子どもに勉強を教えることは難しいものです。また、たとえ日本人の親御さんで日本語ネイティブであったとしても、親御さんが日本で学んできた教育と、オランダで生まれ育つ子ども達が日本語を学ぶ環境は異なります。家族みんなで取り組むのが継承日本語教育と言いつつも、それを家族だけ、おうちだけで取り組むのは大変なことです。
中島祐子先生の言葉を借りて言うならば、幼児日本語教師は日本語学習の家族プロジェクトを成功に導くコンサルタントでもあり、リーダーになっていくことで、幼児日本語教師とご家族みんなで同じ目標に向かって一緒に一歩一歩進んでいけるということではないでしょうか。それを『家族プロジェクト』という言葉で表現されているのかなと感じました。
幼少期から始めた語学学習は、継続させることが一番大切です。学習者である子どもがゆっくりゆっくり焦らずに日本語学習を続けていけるよう、親御さんも幼児日本語教師も協力し合いながら続けていけると良いですね。

Q. 昨年から続くコロナ禍でお教室に何か変化はありましたか?

中島先生:コロナ以前は、グループレッスンのみだったのがコロナをきっかけに、個人レッスンや、zoomレッスンなどシフトチェンジでき、スタイルの幅が広がり、逆に私にとって非常によい環境になりました。自分の研究も、じっくり腰を据えて一人一人の生徒さんに向き合うことで、「なにがこの子には必要なのか」などいろいろわかり、まさに親御さん、子ども、自分の、三位一体のプロジェクトのような感じです。
コロナにて、自分のやりたいことが明確になり、グループでトリミック的なことよりも、もっと個人のコアな部分を掴み、家庭みんなでその子どもさんの継承語を楽しみながら定着アップさせることに集中したいとはっきり判りました。幼児日本語教師と親御さん、子どもが同じ方向を向けるので、宿題のやり方や取り組み方、おうちでの生活ヒントなどほんとうに楽しくよく実践してくださり、過大評価でもなく成果がめきめきとあがっています。中には、補習校へ行っている生徒さんのボトムアップの子もおり、日本語で苦しんでしまう子供や家族は絶対に健全ではない、その信念がやっと今になって、形になってきましたので、過酷な状況からこぼれてしまう子供たちの受け皿にもなれればと切に思います。どうか自信喪失するまえに、出会えればと思います。

KJLTIA:コロナ禍により対面授業やレッスンが出来ないということから、日本語補習授業校やインターナショナルスクール、個人のお教室がオンライン授業やレッスンに切り替えるという対応をされていました。オンラインレッスンになれていないのは、指導者だけでなく、子ども達も保護者もみんな戸惑いがあったのではないでしょうか。そんなコロナ禍でも、中島先生はご自身のお教室のスタイル、ご自身の指導方針というのを振り返る時間をきちんと設け、上手くシフトチェンジしていくことに成功した方だと言えます。生徒数が減ってしまったり、休講になってしまった学校やお教室もあったかと思いますが、そういう時に何を考え、どう行動に移せるのかという点では、さすが『プロフェッショナル認定幼児日本語教師』です。

Q. 幼児日本語教師としての活動を振り返ってどうですか?

中島先生:長い間実践と研究、試行錯誤をしながらやっと、小学2年生までの語彙力表現、ボキャブラリー、漢字など含め、4技能のバランスがとれたハーフの子供さんの成長過程の数人分の事例を実際に育てることができ、「さてはて、ほかの低年齢の子どもには、どうやってアプローチすればいいのか??当てはめられるところはどれか?」などなど、さらに暗中模索もしております。
ここでは、三言語の生活がスタンダードの子どもたちです。早い段階で、子ども達の日本語の根を、楽しく大きく根付かせていくお手伝いができればと思います。もちろん、自身の情熱さめることなく、取り組めてきているのも、KJLTIAの全コースを受けた影響です。コース終了してからもわからないことが出てきた際には、各分野にて調べては実践し、忘れては思い出し、今に至るという感じです。プラス、同じ志をもった若い同僚さんたちと、現場で叱咤激励をしながら、これも最終ディプローマを取得した醍醐味でもありますので、そこもしっかり人の勉強をさせてもらいながら励んでおります。

KJLTIA: 中島祐子先生は、KJLTIAの幼児日本語教師養成コースを受講される以前から、既に指導者として多くの子ども達に日本語を指導されてきた方です。
どんな指導者も最初は初心者です。最初から上手く指導できる人は誰もいませんね。KJLTIAではプロフェッショナル認定を受ける指導者認定試験の受験条件として100時間の指導経験が必要となります。これをハードルが高いと思う人も多いかも知れませんが、どこの国でもおそらく大学の教育学部や専門学校の指導者養成コースと比べたら100時間の指導経験というのは少ない方です。それでも経験無い指導者よりは、100時間でも指導経験を積んでいる指導者の方が幼児日本語教師を採用する教育機関や保護者にとっては、安心して頂けることと思います。学術的な専門知識だけでは賄えない技術的な面というのは、どうしても経験を積むことが一番の近道となります。
専門的知識なしに経験値だけで何とかなることとそうでないことがあり、幼児日本語教育においては経験値だけでは指導者として指導するには難しい面もあるということが言えるのではないでしょうか。
指導経験を積みながら少しずつ指導者もレベルアップしていけるものなので、皆さんも子どもの日本語学習と同じで、焦らず一歩一歩、あなたのペースで指導に励んでいただけたらと思います。

『てらこや@ロッテルダム』のInstagramをみんなでフォローしよう!

中島先生:インスタで、子供のすごい!!をご披露したいのと、だれかの参考にもなればともおもったり、しかしながらどこかで自分を怠けさせないためにやっている感が強くあります。
おかげさまで、生徒さんが増えまして、ほぼ毎日活動させていただけております。

KJLTIA:『てらこや@ロッテルダム』のInstagramから子ども達の生き生きした表情がたくさん見られます。五感を意識されているのかなというアクティビティも多く、子ども達が楽しみながら日本語を学んでいることが伝わってきます。こうしたお教室の活動を見て、「こういうお教室で子どもに日本語を学ばせたい」と思う親子がお教室にお申し込みされると思うので、幼児日本語教師の方から「うちのお教室はこのようなコンセプトでこんなレッスンを提供しています」と先に発信することも大切ですね。こうすることで幼児日本語教師のレッスンを受けてみたいと思っている方にとっては、入会する前にお教室の様子を知ることもできるので良いですよね。

『てらこや@ロッテルダム』の情報

お教室名: 『てらこや @ Rotterdam』
代表/講師: 中島祐子 先生
KJLTIA幼児日本語教師資格レベル: プロフェッショナル認定幼児日本語教師
日本語の位置付け: 母国語教育 / 継承語教育/
指導年齢: 4歳〜12歳くらい
レッスン形態: 個人レッスン、 オンライン
*国外からのオンラインレッスンは、時差の調整がつけば可能だと考えています
*コロナ禍の現在、グループレッスンは休止中               ウェブサイト:https://terakoyarotterdam.net/             Instagram:https://www.instagram.com/terakoyarotterdam/

オランダ在住で幼児日本語教師を探している方、お子様の日本語教室を探している方、プロフェッショナル認定幼児日本語教師のいるお教室『てらこや@ロッテルダム』をチェックしてみては、いかがでしょうか?時間さえ合えば、オランダ国外からもオンラインレッスンが受講可能とのことなので、中島祐子先生のレッスンが気になるという方は、是非、『てらこや@ロッテルダム』のInstagramをのぞいてみてください!

KJLTIAの幼児日本語教師養成コースには、海外の日本語補習授業校の先生、インターナショナルスクールの先生、日本語学校の先生、大学の講師、そして個人でお教室を運営されている先生などがいらっしゃいます。また、日本国内でもインターナショナルスクールの先生、日本語学校の先生、在日外国人児童の日本語クラスの先生、特別支援学級の先生など、既に指導経験が豊富な指導者も多く受講されています。

また、KJLTIAの幼児日本語教師養成コースは、子育てに役立つ内容もたくさん含まれているので、指導者を目指す人だけでなく、バイリンガルやマルチリンガルのお子様を育てる親御さんにもたくさん受講して頂いております。

あなたも幼児日本語教師養成コースを受講して、新しいことを学んでみませんか?

KJLTIAの幼児日本語教師養成コースのお問合せは、こちらから。

KJLTIA: Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)のInstagramもフォローしてもらえたら嬉しいです。

次の幼児日本語教師養成コースは、6月21日(月)スタートになります。

KJLTIAオリジナル幼児日本語学習用の「あいうえおの歌」の動画ができました!!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

こんにちは。

5日間の厳しいロックダウンの最終日を迎えたパースは、ロックダウン中に山火事も発生し、大変な騒ぎとなりました。

コロナウイルスの市中感染が奇跡的に無かったということで、本日の夕方6時にロックダウンが解除されます。

全てのビジネスが明日から再開できますが、外出時にはマスク着用、人数制限、ソーシャルディスタンスを守ることは、引き続き行われます。

パースの山火事は、1万ヘクタール以上の森林が燃え、85件以上の家が焼失してしまいました。一昨日の夜から風が強く、火の勢いが増すばかりで、消火活動も困難な状況ですが、明日から雨の予報が出ているため、少しずつでも鎮火していくことを祈るばかりです。

世界各国のKJLTIAメンバーから「大丈夫ですか?」とメッセージを頂き、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

ロックダウン中ということもあり、気持ちも落ち気味だったところに、こうして皆さんから暖かいメッセージが届くと、パワーをもらいますね。

北半球もまだまだコロナの規制で厳しい状況が続いているところもあると思いますから、みんなでこうして声掛けできる環境があるということは、本当に有難く、幸せだと思いました。

さて、ロックダウン中に色々とスケジュールが変わったため、幼児日本語教育の教材作成をしていました。

以前作ったKJLTIAオリジナル幼児日本語教育用の「あいうえおの歌」の動画を作りました。

幼児日本語教師、日本語教師、そして家庭で日本語教育をしている親御さんなど、多くの方に教材として使ってもらえたら嬉しいです。

また、たくさんの子ども達に元気いっぱい歌ってもらいたいし、歌声も届けてもらいたいです。振り付けを考えて、子ども達と一緒に歌っている動画のシェアが出来る方は、是非、お願いします。

以下のYoutubeにアップしてあるので、是非、聞いてみてくださいね。

さて、来週2月8日から2月の幼児日本語教師養成コースのオンラインスクールが始まります。

1月コースの受講生の皆様は、基礎コース、アドバンスコース、プロフェッショナルコース、どのコースの人たちも本当にモチベーションが高く、ディスカッションが盛り上がっています。

色んなお話が出てくるので、私も楽しみながらディスカッションに参加しています。

子どもに日本語を教えてみたいなという方、日本語教育や幼児教育に携わる人でスキルアップをしたいなっていう方、日本文化を子ども達に伝えたいなっていう方、幼児日本語教師になって活動してみませんか?

幼児日本語教師養成コースのお問合せは、こちらからどうぞ!!

KJLTIAの曜日のワークシートができました!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

何でもかんでも平仮名から指導すれば良いという訳ではなく、乳児から人間には図形を認識する能力があるため、漢字を早い段階からアプローチしても問題はありません。

書かせるとなれば、当然ながら手や指の運動機能が発達していなければなりませんし、平仮名に比べれば漢字の方が複雑で難易度が高くなることは、見た目からしてもわかりますね。

書き方は、後からでも問題ありません。先ずは、文字を見て、読めるようになることが先になります。

KJLTIA: Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)では、同じ学習テーマを扱っていても、学習者のレベルは個々で異なるということを前提とし、教材は学習者のレベルに応じて選べるように作りました。

私たちKids Japanese Language Teacher(幼児日本語教師)の指導対象者である子ども達は、言語的、文化的、認知的に背景が異なる子ども達です。クラス全員の母語が同じということもないですし、子ども達の文化的背景もそれぞれ異なります。そして、認知的な発達も個々で異なると考えると、全員が同じ教材を使うということは、時には難しく、個々の発達やレベルに適したアプローチを・・・と考えると、学習者に合わせた多様な教材があると良いだろうと考えています。

曜日を学習し始めたばかりの子や乳児クラスの場合には、先ずイラスト付きの曜日カードなどを使ってアプローチし、上記に添付したワークシートを使って、先生が「火曜日は、どれ?」と質問したことに指差しで答えてもらうというやり方もできますね。

筆記具が持てるようになった年齢の子どもであれば、下記の画像のワークシートのようにクレヨンや鉛筆で先生の質問の答えに〇で囲んでみるというアクティビティーもできるようになるでしょう。

曜日の学習は、漢字からスタートしても良いですよね。なぜなら、日本のカレンダーを見ても、曜日が平仮名表記されているものなんて見たことないですし、漢字の1文字表記か、アルファベットの頭文字のどちらかになるため、曜日の学習については、最初から漢字でアプローチしていくと良いですね。

もちろんこのワークシートに取り掛かる前段階には、幼児日本語教師がイラストカードや文字カードを使って、子ども達と楽しみながらレッスンを行っていくことで、次のワークシートという課題に取り組むステップへ進むことができるようになります。

ワークシートには、色んなレベルを用意しています。例えば、下の画像。

平仮名で書かれた曜日カードでの識別ができるようになった子や、平仮名が読めるという子は、このワークシートに取り組むことができるようになるでしょう。

次に、下の画像を見てみましょう。イラストがあるか、無いかで、見た目の印象が大きく変わります。子どもによっては文字だけになった途端、うわ~って拒否反応を示す子もいます。やっぱり難しく見えてしまうのでしょうね。そういう心理的な拒否反応が出ないように、焦らず、ゆっくり段階を踏んで学習もワークシートも進めてあげると良いですね。

そして、平仮名も自信もって書けるよっていう子どもには、下の画像のように実際に平仮名を書いてもらうワークシートを使うと良いですね。KJLTIAのコースを受講している先生たちは、理解しているはずですが、平仮名であっても子どもがこのワークシートにチャレンジしてみたいというのであれば良いですが、無理に未就学児に書かせる必要はないですよ。読めるようになるだけでも十分な成果です。無理に書かせることで、難しい~、つまらな~、嫌だ~ってことに成り兼ねません。そうなってしまうと今までの積み重ねが水の泡になってしまいます。焦らず、ゆっくりゆっくりですね。

今回紹介したワークシートのように、同じ曜日というテーマの学習ですが、さまざまなレベルのワークシートを用意しています。それは、はじめに伝えた通り、子ども達の年齢もレベルも様々なので、先生が適切なワークシートを子ども達に選んで上げることも1つの方法。そしてある程度の年齢になれば、子ども自身が自分でどのレベルにチャレンジするかって選べるようになります。これも子どもの成長で、自分で選択して取り組む以上は、途中で諦めず最後までやり遂げるという子どもなりの目標を掲げて取り組めるようになるので、そういうやる気というのを汲んであげることも大切ですね。

また、子どもは気分屋です。今日は、あまり頑張れない、勉強したくないっていう日もあると思います。そういう時、子ども自身が敢えて簡単なワークシートを選ぶこともあるかも知れません。それはそれで良いと思います。自分のレベルよりも簡単過ぎれば、直ぐに終わってしまう。終わってしまったら、もう1つやってみようかな~って思うかも知れませんし、もう1つ上のレベルに挑戦してみようって自分で思うかも知れません。

何でもかんでも大人が教材を与えるのではなく、子ども自身が自らやってみよう~って思えるようなアプローチも子どもを伸ばすには大切なことです。

最後に、幼児日本語教師養成コースの2月のオンラインスクールのご案内です。

2月8日スタートのオンラインスクールは、基礎コースまたはプロフェッショナルコースでの受講が可能です。

プロフェッショナルコースでお申し込みの場合、基礎コース修了後、直ぐに3月のアドバンスコースが始まります。

コースの詳細&お問合せは、こちらまで!!

あけましておめでとうございます!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育未分類
http://youji-nihongo.com.au/

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

1月4日になってしまいましたが、いよいよ2021年の仕事始めです。

みなさんは、どのような年末年始を過ごされたのでしょうか?

私は、普段忙しくて会えない友達たちと元旦に会って、楽しい時間を過ごしました。

また、昨日はもち米を炊いて自宅で餅つきをしてみました。

その様子は、KJLTIAのインスタグラムに掲載しています。

そういえば、クリスマス後から年末にかけては、教材を作成したり地味に働いておりました(笑)。

上の画像は、ナビゲーションがテーマの教材の一部です。

こちらの画像は、魚を数える時の助数詞のワークシートの一部です。

そして、下の画像は、服と着脱がテーマのワークシートの一部です。

プリント教材でもデジタル教材でもどちらにも対応できるように作成してみました!

アジアの親御さん達は、プリント教材を子ども達にやらせたがる傾向にあるように思いますが、遊びながら学ぶことが一番だと思うので、玩具を使った教材、廃材を使った教材など、保護者が子どもにやらせたい教材よりも、子ども達がそれを使いたいって思わせられる魅力的な教材を提供していきたいですよね。

それでは、2021年もKJLTIAは、色んなアイディアを出しながら、子ども達が笑顔で日本語を学んでもらえるようにしていきたいなって思っています。

2021年幼児日本語教師養成コースのオンラインスクールは、本日1月4日より基礎コースも上級コースもスタートしました。

両コース共に沢山の方が新年早々、新しいことを学ぼうと受講されています。

2月コースも募集中です。ご案内はこちら

みなさんも2021年、新しいことに挑戦してみませんか?

幼児日本語教師になって、子ども達に日本語を教えてみたいっていう方は、是非、お問合せください!

お待ちしています!

第3回幼児日本語教育研究会2020

第3回 KJLTIA主催 幼児日本語教育研究会2020 (Kids Japanese Education Annual Conference 2020) のご報告

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

イベントページでも告知しておりました「第3回幼児日本語教育研究会2020」が11月29日(日)日本時間13時より開催されました。

毎年、日本で開催していた本研究会ですが、今年はコロナウイルス感染拡大の影響を受け、初めてのオンライン開催となりました。

オンライン開催ということで、今まで参加したくても出来なかった海外在住の方々が参加できるようになったという点では、大きな一歩だったと思います。

今回の研究会では、多くの方に登壇していただくことができまして、とても興味深いお話しをたくさん聞かせて頂きました。

今回の登壇パネラーのお話しは、以下の5つのテーマでした。

1. 日本語イマージョン小学校について(オーストラリア在住、上級レベル幼児日本語教師)

学校の先生や保護者からの聞き込み調査からの考察が行われていて、とても興味深い内容でした。こちらの小学校には、オーストラリアでいう一般的な普通学級と日本語と英語のバイリンガル学級の2つのスタイルがあるそうです。学年によってクラス数は変わりますが、4年生クラスでは普通学級1クラス、バイリンガル学級4クラスで、やはり英語と日本語のバイリンガル学級の方に生徒が集まっているとのことでした。オーストラリアは、第二外国語教育が盛んな国ですので、普通学級でも第二外国語教育として日本語の授業があります。今回、第二外国語教育を受けている普通学級の子ども達の日本語力と日英バイリンガル学級の子ども達の日本語の会話力を比べたお話しも聞けました。普通学級で日本語を第二外国語として習っている子ども達は、日英バイリンガル学級の子ども達に比べれば日本語に触れる時間は少なく、日本語で話しかけると簡単な挨拶くらいは日本語で返答してくれるが、それ以上は英語での会話に切り替わってしまうとのこと。しかし、日英バイリンガル学級の子ども達は、休み時間の間も子ども達同士が日本語で会話ができるほど、日本語が自然に出て来るという点では、大きな差が出ているようでした。また、親御さんたちのアンケートや実際に指導している教員へのアンケートなどもまとめてくれて、知りたいと思っていたことが知ることが出来て、とても充実した内容になっていました。オーストラリア大陸を横断しないといけませんが、一度、視察に行きたいと思っています。

2. 異文化交流コミュニティーについて(スペイン在住、上級レベル幼児日本語教師)

日本語という語学学習にフォーカスするだけではなく、さまざまな活動を日本語を使いながら体験してみようという内容で企画しているプロジェクトのお話しでした。今まではどこの国でも育児サークルや異文化コミュニティーと言えば、自分の住んでいる地域のところに参加するというのが当たり前だったと思います。しかし、その当たり前が今年のコロナウイルス大流行により対面しての交流が困難になったということで、家庭に引きこもりがちな生活が余儀なくされています。お話ししてくれた彼女は、上級レベル幼児日本語教師であり、野外活動が大好きで、キャンプインストラクターの資格も持っている方。彼女が考えた新しいスタイルでのオンライン異文化コミュニティー。こんなご時世ですが、オンラインで出来ることにチャレンジするという意味では、面白い企画になっているので、これからが楽しみです。

3. ニュージーランドの小学校にてロックダウン中の教授経験(NZから帰国したばかりの日本在住、初級レベル幼児日本語教師)

世界各国においてロックダウン中の学校は、先生たちが急遽オンラインに授業を切り替えたり大変だったかと思います。そんな中、実際にNZの小学校でオンライン授業に切り替えて日本語を教えていた先生がいました。今回の研究会では、ロックダウン中にどんな授業をしていたのか、オンライン授業を行う上でどんなことに注意したら良いのかをお聞きすることができました。実際に行っていたアクティビティーをワークショップとして私たちも体験出来て、とても楽しかったです。Zoomを使ってオンラインレッスンする先生も多いと思いますが、こういうところに注意した方が良いよっていうポイントをワークショップの中でも教えてくれましたし、写真などを見せてくれながらわかりやすく伝えて頂けました。また、実際にニュージーランドの学校で子ども達が大盛り上がりしたオンラインを使ったクイズアプリを、研究会用に作成して頂き、参加者みんなでクイズに挑戦という体験もできて、盛り上がりました。

4. あなたに合ったスタイルの日本語教室って何ですか?外国語としての日本語教育について(アメリカ在住、プロフェッショナル認定幼児日本語教師)

アメリカで日本語を外国語として現地の子ども達に指導している先生からお話しを聞くことができました。KJLTIAの幼児日本語教師養成コースも終え、100時間以上の指導経験も経て、指導者認定試験にも合格しているプロフェッショナル認定幼児日本語教師である彼女は、色んな肩書を持った方で、熱意を持って子ども達の日本語教育に当たっていることをお話ししてくれました。彼女の生徒たちは、「Japan」は知っているけれど「日本(にほん)」というワードを知らない。「Japanese」は知っているけれど「日本語(にほんご)」というワードを知らないという子ども達にゼロから日本語を教えているということや、彼女のお教室の3つのコンセプトについて熱く語ってくれました。「ご縁を大切に」しながら、子ども達が成長し、どこかである日本語を聞いた時に、「あ、これはあのお教室で習った」、「あ、これはM先生が教えてくれた」って思い出してくれたら良いなという彼女の思いに共感しました。そして、彼女が研究会の参加者に問い掛けた「パッション」という言葉に、どの人も背中を押され、来年に向けてまた色々とやってみようとやる気が出たという声が多かったです。

5. 学びのユニバーサルデザインを子どもの日本語教育に取り入れてみよう & オンライン教育プラットフォームについて(オーストラリア、KJLTIA代表理事)

こちらは、私がお話ししたことなのですが、今年は2本立てとなりました。まず1つ目が「学びのユニバーサルデザイン」についてお話ししました。ユニバーサルデザインというコンセプトを学習に焦点を当てたというのが「学びのユニバーサルデザイン」になります。同じ学習内容を学ぶのに障害や言語的・文化的・認知的な背景があるという理由で取りこぼされてしまったりすることのないよう、全ての子ども達に同じ教育を提供していこうという考えであり、障害や言語的・文化的・認知的な背景がある子ども達であっても、普通学級で他の生徒たちと同じように学習に参加できるようにするためには、何が必要なのか、どういうアプローチの仕方があるのかという点で、学びのユニバーサルデザインのフレームワークについてお話ししました。

もう1つは、オンライン教育プラットフォームのご紹介です。今年に入ってから対面授業やレッスンができずにオンラインに切り替えた先生方が多く、オンラインレッスンをやっているけれども試行錯誤しているというお話しも色んな先生から聞いていたこともあり、皆様に少しでもお役に立てればということで、オンライン教育プラットフォームのご紹介と体験ワークショップをしました。今回ご紹介した教育プラットフォームは、幼児というよりは小学生向けのモノになるのですが、使い方によっては年中さん、年長さんあたりでも使えるのかなと思います。このプラットフォームは、先生たちが自分で教材を入れることも出来ますし、レッスンに合わせたオリジナル教材を作ることもできると思い、ご紹介しました。研究会では、実際に参加者の皆様にオンライン教育プラットフォームにアクセスしてもらい、ワークシートの課題を実際に体験してもらったりしました。

2020年は、コロナウイルスによる波乱な年となりましたね。そんな1年でしたが、間もなく新しい年を迎えます。

今年はある意味、ターニングポイントとなる年になるのではないか・・・って個人的には思っています。来年から、教育の在り方が変わっていき、教育のデジタル化、オンライン化が進んでいくことでしょう。

今回の研究会の参加者のほとんどがKJLTIAの幼児日本語教師養成コースを受講してくれた方でしたが、子どもの日本語教育に興味、関心を持っている方、どなたでも幼児日本語教育研究会は参加して頂けます。

そういう意味を込めて「幼児日本語教師研究会」ではなく、「幼児日本語教育研究会」にしています。

現時点で頂いている参加者からのフィードバックでは、皆さんがこの研究会に参加したことで、「同じ幼児日本語教師の活躍の様子を見ることができて参考になった」、「登壇者全員の熱意が伝わってきた」、「自分のモチベーションが上がった」、「気づきがたくさんあった」、「自分は何ができるのかを考えていきたい」、「勉強になった」などの感想を頂きました。

Zoomでミーティングをしたり、ちょっとしたオンラインクラスをしたりはしていましたが、参加人数が多くなると、全体の雰囲気が会場でお話しするのと違って伝わってきにくく、どの登壇者の方もお話しすることに慣れているとは言え、緊張したと言っていました。

私も緊張していました・・・。翌朝、何故か、腹筋が筋肉痛になっていて、お腹に力を入れて研究会に参加していたのかも知れません(笑)。

この後、登壇パネラーの皆様とZoomで研究会のお疲れ様ミーティングです。また、次回の研究会に向けて反省点、改善点を出し合いながら、次につなげていきたいと思っています。

また、次回も素敵な登壇パネラーの方々に登場してもらいたいと思っているので、現役の指導者でなくても、研究会の案内を見て興味あるな~って思うテーマがあったら、是非、参加してみてください。

KJLTIA主催の幼児日本語教育研究会は、日本語で”幼児”とついているので誤解を招きやすいのですが、Kids Japaneseになるので、乳児も幼児も児童も含んでいます。KJLTIAの幼児日本語教師養成コースを取得していなくても、他社のコース取得者でも、子育て中の保護者の方でも興味がある方は、参加できますので、次回、是非、ご参加ください。

登壇パネラーの皆様、そして研究会に参加してくれた皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげでこの研究会が成功したと思っています。

これからもみんなで一緒に高め合いながら頑張っていきましょう!!

2021年の幼児日本語教師養成コースのスケジュールが出ています。興味がある方は、こちらにお問合せください。2021年最初の開催日は、1月4日になります。