平仮名マグネット

文字環境を整えることが、文字への興味に繋がる!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

子どもに文字に興味を持ってもらうためには、どうしたら良いのだろうか?

子どもが初めて何らかの文字を見た時、どう思うのだろうか。日本語の文字を初めて見た時、これが日本語ってわかるのだろうか?文字と認識しているのかな?

図形の認識能力というのは、生後1週間の赤ちゃんでも持っている能力だと研究でわかっています。赤ちゃんは、生後まもなく五感を使いながら色んな刺激を通して常に学習しています。赤ちゃん用の玩具でも図形を使ったものが多く、型はめの玩具、積み木、かたちを扱った絵本など、色んな図形を見て図形認識力を高めていきます。これが後の文字の識別に活きてきます。色んな図形をよく見て観察する能力が身に付いていかないと、文字の識別は難しいというのは想像できるかと思います。平仮名で言えば「あ」と「お」、「し」と「つ」、「れ」と「わ」など似ている文字がありますね。これら1文字ずつをしっかり目で見て観察して識別する力が無いと、「あ」も「お」も同じように見えるし、「わ」も「れ」もどこが違うのかわからないとなってしまいます。文字も図形みたいなもの!乳幼児にとったら初めて見る文字は図形でしかありません。将来、文字が読めるようになっていくためのトレーニングは、赤ちゃんの頃から始まっているとも言えます。図形、写真、イラストだけでなく、文字もたくさん見せていくと良いですね。

家庭内の文字環境を整えていこう!

乳児の頃からの絵本の読み聞かせが重要なのは、皆さんもご存じの通りかと思います。非日本語圏に住んでいるのであれば、意図的にでも日本語の文字を子どもの目につくように文字環境を整えていくことも大事なポイントになります。

「読み書き」を一緒に考えてしまう方がいるかも知れませんが、「読む」「書く」は別々のスキルになります。一緒に考えず、分けて考えるようにしていきたいですね。

非日本語圏に生活していると現地の幼稚園や小学校に入学して、現地語の文字学習が始まる前に日本語の文字学習を始めたい、できれば就学前に日本語の読み書きを・・・と焦る親御さんもいるかも知れません。しかし、先ずは「読み」からです。読むことができるようになってから、書くことをはじめていっても遅くはありません。読めない文字を書くことって、単にコピーしているだけの作業です。しっかり平仮名や片仮名が読めるようになってから、書く練習に進んでいくと良いでしょう。

日本語っで珍しい言語です!!

日本語は、『ひらがな』、『カタカナ』、そして『漢字』を文章の中で併用するとても珍しい言語です。

日本語には、【表音文字】と【表意文字】の2タイプがあるのを知っていますか?

【表音文字】とは、『ひらがな』と『カタカナ』のこと。

【表意文字】とは、『漢字』のこと。

【表音文字】は、見た通り『音』を表す文字です。『ひらがな』と『カタカナ』の清音は、1文字1音とわかりやすいですね。例えば、「りんご」の音韻は『り』『ん』『ご』の3つの文字と同じ数なので3音となります。一文字ずつをきちんと文字を追って発声できれば、「りんご」と読み上げることができます。片仮名も同じですね。「リンゴ」の一文字ずつを音で表して発声すれば「リンゴ」になります。だから、日本語のひらがな、カタカナは、アルファベットを使う言語よりも簡単に読めるようになってしまうのです。

日本在住の幼稚園児や保育園児が小学校入学前に平仮名や片仮名を読めるようになる時期が早まっているという研究データが出ています。どうしてでしょう?

そういうと、幼児教育で「平仮名のなぞり書き」や「ワークシート」を取り入れているんでしょ~!って言われそうですが、いいえ、そうではありません。

文字環境を整えることで子どもが文字を目にする機会が増えていきます。日本で生活している子ども達は、私たち親世代が子どもだった頃と比べると、生活の中で文字に触れる機会がとても多く、充実していると言えます。特に日本では、生活の中で日本語だけでなく、アルファベットにもたくさん触れられる環境になってきていますよね。幼稚園児や保育園児が誰かに教えてもらったわけでもないのに、いつの間にか、平仮名の文字を覚えたり、「先生、これAって言うんだよ~」って自信満々にアルファベットの読み方を教えてくれたりします。

非日本語圏で日本語の文字を見る機会は、どのくらいあるでしょうか。日本人が多く訪れる観光地であれば、もしかすると日本語の案内があったりするのかも知れませんが、日本を一歩出れば、日本語というのは少数言語となります。非日本語圏で日本語表記と言えば、日本食レストラン、お寿司屋さん、ラーメン屋さんくらいしかないっていう町もあるかもしれません。日本に住んでいる子どもであれば、自分の名前に使われている文字を外で発見すれば、「はなちゃんの”は”があった~」って嬉しそうに教えてくれたりしますが、非日本語圏ではなかなかそういう話は聞かないですよね。日本語の文字に触れる機会が圧倒的に少ない海外在住の子ども達は、本当に意図的に文字に触れる機会を作らないと、文字に興味を持つことが難しくなります。

それでは、どうしたら良いのかしら?

やはり家庭内で日本語の文字環境を作る必要があるのかなと感じます。例えば、ひらがな五十音表を壁に貼ってみたり、絵本の表紙が見えるように本棚の使い方を工夫してみるのも良いですね。

日本だと子どもの持ち物に日本語で記名がしてあります。日本の幼稚園や保育園の園内では、自分の名前やお友達の名前が色んなところで見ることが出来ます。靴箱、カバンかけ、ロッカー、コップ、ハサミ、粘土板、クレヨン、名札、通園バックなど、色んなところに記名がしてあるので、文字に触れる機会がたくさんあります。

海外在住の子ども達はどうでしょうか?家庭の靴箱、カバンかけ、クローゼット、子どものカバンなどに日本語で記名してあるでしょうか?おそらくしていないですよね。

子どもが家庭内にある色んなモノの名前を発するようになってきたら、例えばテレビに【テレビ】と書いたメモやポストイットを貼ったり、冷蔵庫に【れいぞうこ】と日本語で書いて貼ったり、ちょっとだけ工夫すると、意図的に文字が目に着くようになります。子どもが「これなあに?」って聞いてきたら、興味を持ちだしたなってことで、「れいぞうこ」って書いてあるよって読んであげると良いですね。その時に、1文字1音であることを伝えるために文字を指で示しながら「れいぞうこ」って読んであげると、「れいぞうこって文字でこう書くのか~」って発見してくれます。

平仮名や片仮名は、表意文字なので、音を表しているというのは前半に伝えた通りで、子ども自身が自分の発する「れいぞうこ」の「れ」の音が【れ】と文字で表現できると理解してもらうことって、文字に興味を持ってもらうための第一歩になります。

海外生活の場合は家の中に日本語の文字環境を意図的に作り出す必要があるので、ポストイットやメモを家中に貼るってインテリア的にどうなの??って悩むところもあるでしょうね。先ずは、子ども部屋からはじめてみても良いのではないでしょうか。ひらがな表、カタカナ表、【ドア】【かべ】【まど】【つくえ】【いす】など、子どものお部屋の中にある家具などに『名札』を付けてあげると良いですよね。

ゲームをしながら文字の識別能力を確認していこう!

貼ってある家具などの名札と同じ文字カードを作成し、『同じ名前を探そうゲーム』を家族みんなで取り組んでみても良いと思います。まだ文字が読めなくても、読める親御さんが読んであげたら良いですし、文字カードと同じ形で書かれた名札の貼ってある家具をお部屋から探すことからスタートしていくと良いのではないでしょうか?何度か繰り返して行い、慣れてきたら「引っかけ文字カード」を用意すると良いですね。例えば、【つくえ】を【つしえ】とか似ている文字を使った文字カードを入れておいて、書かれた文字をしっかり識別して「違うな」って子ども自身が気が付いてくれるように導いていきたいですね。

人間は、乳児期から色んなモノを見て識別していきます。形が違うということ、色が違うということ、大きさが違うということ、顔が違うということ。色んな違いに触れることで、観察力が研ぎ澄まされ、識別する能力が長けて行き、やがてその能力が学習へと繋がっていくと考えると、乳児期から色んなモノを見せていきたいですね。

日本に住んでいれば、絵本が平仮名だけで書かれていたとしても、生活の中でカタカナも漢字も目にすることができます。海外で育つ子どもが日本語の読み書きでつまづく大きな原因として、日本語の文字環境の乏しさがあげられます。ひらがなとカタカナがしっかり読めないのに漢字が導入されたら、混乱してしまいます。読めなくても漢字は文字として認識してもらうために早い段階から見せていくことは大事ですが、書かせるのは平仮名とカタカナがしっかり読めて書けるようになってから、漢字の書き方練習を始めていきたいですね。書き方は本当に読みが出来てからで大丈夫です。無理に書かせて日本語が難しい、日本語の勉強が嫌って嫌悪感を持たせることの方が怖いです。子どもは、読めるようになったら書いてみようと自ら挑戦しようとするので、焦らずゆっくり進めていきましょう。

子どもの文字環境を整えて、文字に興味を持たせ、やがて読みと書きへとつなげていけるよう、導いていけるといいですね。

10月の幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)の受講申込を受け付けています!

2021年10月18日スタート 幼児日本語教師養成コース(オンライン基礎コース)のご案内 – 幼児日本語教師協会 (youji-nihongo.com.au)

あなたも幼児日本語教育を学んでみませんか?

KJLTIAの曜日のワークシートができました!

投稿日: カテゴリー: 日本語教育

何でもかんでも平仮名から指導すれば良いという訳ではなく、乳児から人間には図形を認識する能力があるため、漢字を早い段階からアプローチしても問題はありません。

書かせるとなれば、当然ながら手や指の運動機能が発達していなければなりませんし、平仮名に比べれば漢字の方が複雑で難易度が高くなることは、見た目からしてもわかりますね。

書き方は、後からでも問題ありません。先ずは、文字を見て、読めるようになることが先になります。

KJLTIA: Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)では、同じ学習テーマを扱っていても、学習者のレベルは個々で異なるということを前提とし、教材は学習者のレベルに応じて選べるように作りました。

私たちKids Japanese Language Teacher(幼児日本語教師)の指導対象者である子ども達は、言語的、文化的、認知的に背景が異なる子ども達です。クラス全員の母語が同じということもないですし、子ども達の文化的背景もそれぞれ異なります。そして、認知的な発達も個々で異なると考えると、全員が同じ教材を使うということは、時には難しく、個々の発達やレベルに適したアプローチを・・・と考えると、学習者に合わせた多様な教材があると良いだろうと考えています。

曜日を学習し始めたばかりの子や乳児クラスの場合には、先ずイラスト付きの曜日カードなどを使ってアプローチし、上記に添付したワークシートを使って、先生が「火曜日は、どれ?」と質問したことに指差しで答えてもらうというやり方もできますね。

筆記具が持てるようになった年齢の子どもであれば、下記の画像のワークシートのようにクレヨンや鉛筆で先生の質問の答えに〇で囲んでみるというアクティビティーもできるようになるでしょう。

曜日の学習は、漢字からスタートしても良いですよね。なぜなら、日本のカレンダーを見ても、曜日が平仮名表記されているものなんて見たことないですし、漢字の1文字表記か、アルファベットの頭文字のどちらかになるため、曜日の学習については、最初から漢字でアプローチしていくと良いですね。

もちろんこのワークシートに取り掛かる前段階には、幼児日本語教師がイラストカードや文字カードを使って、子ども達と楽しみながらレッスンを行っていくことで、次のワークシートという課題に取り組むステップへ進むことができるようになります。

ワークシートには、色んなレベルを用意しています。例えば、下の画像。

平仮名で書かれた曜日カードでの識別ができるようになった子や、平仮名が読めるという子は、このワークシートに取り組むことができるようになるでしょう。

次に、下の画像を見てみましょう。イラストがあるか、無いかで、見た目の印象が大きく変わります。子どもによっては文字だけになった途端、うわ~って拒否反応を示す子もいます。やっぱり難しく見えてしまうのでしょうね。そういう心理的な拒否反応が出ないように、焦らず、ゆっくり段階を踏んで学習もワークシートも進めてあげると良いですね。

そして、平仮名も自信もって書けるよっていう子どもには、下の画像のように実際に平仮名を書いてもらうワークシートを使うと良いですね。KJLTIAのコースを受講している先生たちは、理解しているはずですが、平仮名であっても子どもがこのワークシートにチャレンジしてみたいというのであれば良いですが、無理に未就学児に書かせる必要はないですよ。読めるようになるだけでも十分な成果です。無理に書かせることで、難しい~、つまらな~、嫌だ~ってことに成り兼ねません。そうなってしまうと今までの積み重ねが水の泡になってしまいます。焦らず、ゆっくりゆっくりですね。

今回紹介したワークシートのように、同じ曜日というテーマの学習ですが、さまざまなレベルのワークシートを用意しています。それは、はじめに伝えた通り、子ども達の年齢もレベルも様々なので、先生が適切なワークシートを子ども達に選んで上げることも1つの方法。そしてある程度の年齢になれば、子ども自身が自分でどのレベルにチャレンジするかって選べるようになります。これも子どもの成長で、自分で選択して取り組む以上は、途中で諦めず最後までやり遂げるという子どもなりの目標を掲げて取り組めるようになるので、そういうやる気というのを汲んであげることも大切ですね。

また、子どもは気分屋です。今日は、あまり頑張れない、勉強したくないっていう日もあると思います。そういう時、子ども自身が敢えて簡単なワークシートを選ぶこともあるかも知れません。それはそれで良いと思います。自分のレベルよりも簡単過ぎれば、直ぐに終わってしまう。終わってしまったら、もう1つやってみようかな~って思うかも知れませんし、もう1つ上のレベルに挑戦してみようって自分で思うかも知れません。

何でもかんでも大人が教材を与えるのではなく、子ども自身が自らやってみよう~って思えるようなアプローチも子どもを伸ばすには大切なことです。

最後に、幼児日本語教師養成コースの2月のオンラインスクールのご案内です。

2月8日スタートのオンラインスクールは、基礎コースまたはプロフェッショナルコースでの受講が可能です。

プロフェッショナルコースでお申し込みの場合、基礎コース修了後、直ぐに3月のアドバンスコースが始まります。

コースの詳細&お問合せは、こちらまで!!