KJLTIA(幼児日本語教師協会)

KJLTIA認定の幼児日本語教師養成コース2022

【KJLTIA認定の幼児日本語教師養成コース2022】

1月コースのご案内です。あなたもハイブリッドな指導者を目指してみませんか?

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか?

明日から12月の師走ですね。

また新しいコロナの変異株が見つかったことで、2022年もどうなるかわからない世界の動きですが、自分の目標はしっかり持っていたいですね。

 

さて、KJLTIA:Kids Japanese Language Teachers International Association (幼児日本語教師協会)認定の幼児日本語教師養成コースの1月オンラインスクールのご案内です。

2022年最初の幼児日本語教師養成コースのオンラインスクールは、1月3日スタートです。

基礎コース、上級コース、プロフェッショナルコースの3つのコースが同日スタートとなります。

 

【基礎コース(Introductory Course)】

introductory teacher

 

開始日:2022年1月3日(月)からの6週間コース

こちらは、幼児日本語教育の入門コースとなります。

子どもの日本語学習者は、学習する目的が個々で異なります。同じ日本語でも「母国語」として日本語を学ぶ子もいれば、「継承語」として日本語を学ぶ子もいます。また、「第二言語」「外国語」として日本語を学ぶ子もいます。

基礎コースでは、乳幼児期の言語発達に焦点を当て、言語発達面からみたバイリンガルやマルチリンガルについて学びます。

ケーススタディーやワークショップでは、事例について一緒に考えてみたり、課題に取り組みながら指導する時のポイントを考えていきます。

幼児日本語教師を目指す方だけでなく、これから出産を控えている方や現在、海外で子育てに奮闘している方にもおススメのコースとなります。

 

【上級コース(Advanced Course)】

Advanced Teacher

開始日:2022年1月3日(月)からの12週間コース

受講資格:基礎コース修了者

上級コースは、基礎コースの倍以上の内容量であり、難易度もグッと上がりますが、より深く幼児日本語教育について学んでもらえるコースになります。バイリンガルやマルチリンガルについても、基礎コースの時よりも深く学んでいきます。

幼児期と違って、児童期に入ると子ども達の成長過程で日本語教育の壁にぶつかる時があると思います。そんな時、どう対応したら良いのかわからない親御さんは多いもの。子ども達の状況を理解するためにも、この上級コースの内容は役に立つことでしょう。

また、上級コースは【幼児日本語教育】について基礎コースよりも二歩も三歩も踏み込んだ内容になっているので、『幼児日本語教師に求められる資質とは何か』について学び、幼児日本語教育の指導アプローチなど他の受講生と共にディスカッションしながらアイディアを出し合って学び合うことができます。

 

【プロフェッショナルコース (Professional Course)】

基礎コースと上級コースのパッケージコースであるプロフェッショナルコースは、幼児日本語教師として子ども達に日本語を教えたいという方にピッタリのコースです。

現在、日本語教師や幼児教育者として教育現場に立っている方がスキルアップとして受講される方もたくさんいます。

また、今は自分の子どもの日本語教育のためにコースの受講を考えているけれど、いずれは幼児日本語教師として活動したいという方にも向いているコースです。

指導者になりたい!!っていう方は、このプロフェッショナルコースで幼児日本語教育を総合的に学ぶことができますし、基礎コースと上級コースを1つずつ申込するよりも受講料がお得になっています。

 

『幼児日本語教師養成コースってどういうの?』という方は、こちらをご覧ください。

また、幼児日本語教師養成コースのコース内容、受講料、2022年の開催スケジュールを知りたいという方は、こちらからお問合せください。

 

<あなたも幼児日本語教師になって、子どもに日本語を教えてみませんか?>

日本国内の外国人の子ども達に日本語を教えたり、海外で日本にルーツのある子ども達に日本語を教えたり、海外で日本に興味を持って日本語を学んでいる子ども達に教えたり、あなたの活躍できる場は、色んなところにありますよ。

幼児日本語教師の指導する子ども達は、日本語を学びに来ている子どもと言う点では共通ですが、家庭環境も、言語・文化・認知的な背景もそれぞれ異なります。

私たちが日本で受けてきた教育とは違い、みんなが日本語の通じる日本人であり、みんなが同じ教材を使用し、先生も同じ指導法で教えるというスタイルが通用しません。

KJLTIAの幼児日本語教師は、個々の子ども達に適したアプローチをし、適した教材を提供できるような専門性の高い指導者を目指していきます。

だからこそ、KJLTIAの幼児日本語教師は、【幼児教育+複言語教育+日本語教育】の専門性を持った【ハイブリッドな指導者】を目指します。

KJLTIAの幼児日本語教師

 

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Facebook

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Instagram

KJLTIA(幼児日本語教師協会)Youtube

<KJLTIAのYoutubeチャンネル>

あいうえおのうた

あいさつのうた

ようびのうた

1カ月の数え歌

このどうぶつだ~れ?Pre-A1

このどうぶつだ~れ?A1

にほんごクイズ Pre-A1

にほんごクイズ #2 Pre-A1

にほんごクイズ A1