幼児日本語教師とは

幼児日本語教師とは、国際結婚やビジネスで海外に住んでいる日系バイリンガルの子どもや日本語を母語としない子ども達に第二言語としての日本語を適切な時期に適切な方法でアプローチしていくプロフェッショナルです。乳幼児の言語発達の基礎や脳と言語活動を学ぶ事によってバイリンガルについての理解を深めます。幼児日本語教師が指導を行う対象は、主に赤ちゃんから小学校低学年といった第一言語でのコミュニケーションをまだ学んでいる時期の子ども達。一般的な日本語教師は、第一言語でのコミュニケーションが確立された子どもや大人への指導が対象となっています。従って、第一言語での読み書きができる小学校中学年以上から大人が対象になっているという点では幼児日本語教師が日本語教師と異なった職種であり、異なった知識とスキルが必要という事が理解できるのではないでしょうか。

非日本語圏で育つ子ども達は、どうしても現地の幼稚園や小学校に入学すれば現地語が強くなっていくのは自然の流れです。お友達や先生との会話、授業など子どもの周囲の環境全てが現地語になるので仕方がないことです。 しかし、第二言語としての日本語、または日本語と現地語のバイリンガルという位置付けでの日本語を身に付けさせるのであれば、就学前にしっかりとした基礎の日本語力を身に付けさせることが何よりも大切です。しかし、 就学前に基礎の日本語力を身に付けることが大切だからといって、子どもに日本語の読み書きを就学前に始めようと頑張るのではなく、子どもの知覚・運動発達など総合的な子どもの発達段階を考え、個々の発達段階を理解した上で、適切な時期に適切なアプローチをすることが大切になります。幼児日本語教師は、言語発達をはじめ総合的な子どもの発達段階を学び、ケーススタディーでディスカッションをしていく中でバイリンガルについての理解を深め、ワークショップを通じて幼児について疑似体験することで適切なアプローチとは何かを考えていきます。

また、在日外国人児童への日本語教育の需要も高まっています。移民への日本語教育制度がまだ整っていない日本国内では、外国人児童への日本語教育への対応は教育現場の教員達に委ねられている状態です。従って、外国人児童は公立学校のクラスで日本の子ども達と一緒に授業を行っている状態となっています。

KJLTIA (幼児日本語教師協会)の目的

国際化が進み日本人や日本人とのハーフの子どもが日本国外で生活する事も多くなってきた今、非日本語圏で育つ子どもへの「継承語」としての日本語教育について考えなければならない時代となりました。
日本語教育の低年齢化により日本語教育への需要が高まり、現地の日本語教育機関でさえ、日本語教師資格者や幼児教育者が指導法もわからないまま、子どもへの日本語指導に不安を持ちつつ行っているというのが実情です。

日本語教師資格者は、大人への指導には慣れているが、子どもへの指導法は身に付けていません。また幼児教育者である保育士や幼稚園教諭は、子どもとの関わりには慣れているが、日本語の指導法に関する知識はもっていません。両者共に試行錯誤しながら非日本語圏で日本語の指導を子どもに行っています。

更に、日本国内においても在日外国人児童が年々増えているため、保育施設、幼稚園、小学校においても非日本語圏で育った子ども達がクラスメイトや先生達とのコミュニケーションがとれるよう、そして、健やかな学校生活を送ることができるよう、現場の教員が在日外国人の子ども達に日本語を指導する必要性が出てきています。

こうした状況に対して、非日本語圏で育つ(育った)乳児、幼児、児童に日本語を無理なく指導できる知識と技能を持つ民間の指導者を養成・認定し、日本語教育機関や日本人コミュニティーに供給できる体制を作り出すことが大切だと考えています。そのためには、指導者としての能力認定をする機関の設立、そして世界各国で子ども達に日本語指導を行っている幼児日本語教師の資質・技術の向上を図るため、国や言語、文化が異なる場で活躍する幼児日本語教師同士のネットワークを構築する場が必要とされてきました。

本協会は、民間の教育関係団体が目的達成のために必要な資格基準を作り、能力評価、教育資源の開発・研究に取り組み、その成果をもって非日本語圏または日本国内で育つ乳児、幼児、児童を対象とした日本語教育団体における日本語活動を推進する事を本旨として設立しました。

  • 本協会は世界各国における幼児日本語教育の振興を通して、世界各国と日本の相互理解を深め、文化交流に寄与することを目的とする
  • 非日本語圏における乳幼児、児童への日本語教育の現状を把握し、幼児日本語教師間の情報交換や相互協力を可能にするためのネットワークを確立する
  • 日本国内の在日外国人児童への日本語教育に関する現状を把握し、幼児教育機関や公立小学校機関における外国人児童向けに適切な日本語指導が行えるよう教師間の情報交換や相互協力を可能にするためのネットワークを確立する
  • 幼児日本語教師の資質と技術の向上と問題点の改善を図るために、勉強会や研究会、ワークショップを開催していく
  • 各国で子どもへの日本語教育者を探している人への幼児日本語教師の紹介を行う
  • 各エリアの幼児日本語教師を筆頭に移民への子育てサポートとして、日本語指導だけに留まらず、異国の地で行う子育ての不安や心配、孤独を共感し助け合えるコミュニティーネットワークを確立していく

入会について

年会費

正会員(幼児日本語教師認定試験合格者):AUS$90 (PayPal手数料別途)
準会員(基礎コース・アドバンスコース修了者):AUS$70
学生会員(大学、短大、専門学生):AUS$50
法人/学校会員:AUS$350

会員特典

  • 幼児日本語教師資格者リストへの登録
  • 本協会主催の勉強会、ワークショップ、セミナーなどに会員価格にて参加可能
  • 正会員(幼児日本語教師認定試験合格者)と法人/学校会員は、本協会ロゴを使用可能。使用方法につきましてはロゴマーク使用規約(pdf, 179KB)をご確認下さい。

「幼児日本語教師協会入会申し込みフォーム」に必要事項を記入してください。現在メールで受け付けています。